クラフトビート
カスタム施工例
クラフトビートとは カスタム施工例 ガラスエッチング ガラスリペア カスタム工賃表 リンク集 問い合わせ
クラフトビートtopへ
カスタム施工例 【エルグランド アウターバッフル】

最近、日が延びてきていい感じですね!きれいな夕焼けを見ながら、ふと時計を見ると あら?もう7時・・みたいなね。気候がいいからカスタムもはかどります。
このまま夏になってしまえ!と思うけど、その前にじとじとした梅雨が・・・。
あ〜あ、はやく夏にならないかな〜。

今回はE50エルグランドに、「ロックフォードのスピーカーをインストールしたい!」というのがお客様の希望。部分整形のアウターバッフルを作ることにしました。


先ずはインナーバッフルをつくります。インナーバッフルが出来たらリングを作り、ドアの内張りにあわせます。ドアの内張りはリングに合わせて加工します。
角度等もここで決まります。
お次はアウターの整形をします。アウターはFRPやMDFでおおまかに形を作り、左右の形が均等になるように慎重に削ります。
純正の木目にあわせて塗装を施し、スピーカーを取り付けると・・できあがり!
付属のスピーカーグリルが何ともカッコイイですよね。音質は・・、もちろんパンパン鳴ってますよ〜。
ヘッドはカロッツェリア。純正のカップホルダーを加工して1DINをインストール!
純正っぽいレザーで仕上げました。グリルは木目で。違和感ないでしょ?
トゥイーターもピラーにインストール。バックスキンで仕上げました。
この角度と素材がミソ。もうシャカシャカ、キンキン鳴るトゥイーターは卒業しましょう!
以上、かなり駆け足で見ていただきましたがいかがだったでしょうか?
このような部分整形のアウターバッフルは、スペースや使い勝手を犠牲にしないのが特筆点です。
ほとんどの車種に対応できますので、気になった方はメールください。
お見積もりをお送りしますよ。お問い合わせはこちらまで!!


ページトップへ
クラフトビート